2Dマリオの最高傑作はスーパーマリオ3である3つの理由

任天堂Switch

Nintendo Switch Online ファミリーコンピュータで遊べるタイトルで特におすすめの『スーパーマリオブラザーズ3』。このゲームが数ある2Dマリオの中で最高傑作である理由を3つ解説します。

『スーパーマリオブラザーズ3』1988年10月23日発売

『あきらめないで!』マリオサンシャインを楽しむ基礎知識

同時プレイ不可。だからこそ「最も2人プレイが楽しいマリオ」

交代でステージをクリアしていく

ゲームの楽しさの根本は「プレイする楽しさ」「プレイを見る楽しさ」「プレイを見られる楽しさ」であると私は思います。『スーパーマリオ3』はシステムでこの3つを満たしているゲームなのです。

近代2Dマリオは多人数同時プレイできるものが大半です。確かに同時プレイはゲームプレイが共有できて楽しいのは間違いありません。しかしマリオ3を二人でプレイすると感じるのは、共有のワールドを交代で攻略していきお互いのプレイを見て感想を言い合うのがとても楽しいのです。「やべっ!もう死んだ~~」「へたくそだな~」「うるせいよ」といったコミュニケーションがとりやすいのです。

同時プレイできる方が楽しいと思ってしまいがちですが、これは楽しさの1側面でしかないと私は思います。理想はゲームシステムで「単独プレイ」と「同時プレイ」が必須となる形態ですが私が知る限りこれを満たしたタイトルはありません。初代ファミコンの時代、2人プレイといえば交代制でした。交代プレイの良さに気づいていないメーカーは多いと思います。

マリオサンシャイン無限1UPのやり方を段階別に3つ解説

ワールドクリア型が面白い

巨大ステージ

スーパーマリオ3は8つのワールドを順にクリアしていくシステムです。「草原ワールド」「砂漠ワールド」「氷ワールド」「巨大ワールド」といった個性的なテーマのワールドを順にクリアしていきます。

スーパーファミコン マリオワールド以降ワールドマップは全体マップとなりました。なぜワールドクリア制をやめてしまったのか理解できません。ワールド1、ワールド2と順にクリアしていくシステムのほうが短いスパンでクリアの達成感が味わえてテンポもよくていいと思うのです。

最近の2Dマリオのワールドマップは1つの大きなマップを順番にクリアしていくだけの単調なもので面白みに欠けると思います。

すごろく盤のようなマップのかけひきが楽しい

移動した飛行船を追いかけていく

スーパーマリオ3のマップはすごろくのようになっていて1本道ではなくボスへのルートが複数あります。どうしてもクリアできないステージは回避することも可能です。しかし、ボス面である飛行船はクリアに失敗することで空を飛んで移動するのでマップを追いかける必要がでてきます。こういったワールドマップ内でのかけひきや攻略が非常に楽しいのです。さらに2人プレイ時はこのかけひきの楽しさが倍増します。

ワールドマップのシステム面の完成度はマリオシリーズで最も面白いと思うポイントです。


以上スーパーマリオ3が2Dマリオ最高傑作である3つの理由を解説いたしました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ファミリーコンピュータNintendo Switch Onlineのおすすめ3作品

コメント