相手のクセを見切ってパンチをかわせ!パンチアウトの凄さ

任天堂Switch

相手のクセを見切ってパンチをかわせ!一瞬の攻防の緊張感

ファミコンNintendo Switch Onlineでプレイできるパンチアウトの凄いポイント3つを解説します。

相手のクセを見切ってパンチをかわせ!驚きのゲーム性

パンチアウトを初めてプレイした人は恐らく難しいゲームだと感じるでしょう。ボクシングに限らず格闘系ゲームの多くはいかに多くの攻撃を相手にあびせるかが勝敗の決めてとなるものがほとんどで、その為ボタン連打のプレイになりがちです。しかしそれではパンチアウトで勝利する事はできません。相手のクセを見抜き攻撃をかわしてそのスキにこちらのパンチをおみまいする事が勝利につながる方法です。

あるボクサーはパンチを打つ時にまゆ毛が動くクセがあります。あるボクサーはパンチを打つ時にガードががら空きになります。そのクセを見切って相手のパンチをかいくぐり一撃をおみまいした時の爽快感は他のゲームでは味わえない気持ちよさがあります。

今プレイしても楽しいと思える信じられない完成度

表現力のとぼしいファミコンでこんな凄い事をやってます!そりゃ当時は凄かったけど今やってみるとショボいよね~といった懐古主義的なレトロゲームは多いですがパンチアウトは違います。リングや観客、レフリー(マリオが出演)もちゃんと描かれていてボクシングの試合がキチンと表現されています。対戦相手は体力ゲージはあるものの「これだけパンチを打ったんだからもう立ってこないだろう」と思ってもしぶとく復活してきたり、10カウントであっさりKOできたりとまるで生きて意思があるかの如くです。

個性豊かで楽しくユーモラスで強く恐ろしい敵ボクサーたち

敵ボクサーはイリュージョンを使うインド人やフラメンコを踊るスペイン人、もちろん日本人も登場する。サウスポースタイルの敵キャラとの対戦もあり実際に戦いにくい(リアルボクシングは経験ないので多分)とかなり多種多様で楽しめます。

以上パンチアウトの3つの凄さを解説しました。

スイッチをお持ちの方はぜひパンチアウトにチャレンジしてみて下さい。今回紹介したパンチアウトは景品版となっておりファミコンの通常販売版には最後の敵としてマイク・タイソンが登場します。とてつもない強さを体験してみたい方は挑戦してみて下さい。感想お待ちしています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント