任天堂スイッチでゲームをするべき3つの理由

ゲーム全般

任天堂スイッチは素晴らしいゲームコンソールです。その素晴らしいポイントを3つ解説します。

スリーブ機能

これ意外と世間では言われていませんが、私がスイッチをおすすめする理由の最大のポイントです。待機状態からコントローラーのホームボタンを押せばすぐさまゲームのつづきがプレイできます。

例えばプレイステーション4ではゲームの再開までにかかる手順はホーム画面からソフト起動してメーカーロゴが表示されゲームタイトルによってはゲームエンジンのロゴ、開発会社ロゴも強制的に表示される。ほとんどのタイトルがコントローラーをにぎってから再開までに約2分はかかります。

懐かしのファミコンは電源オンですぐプレイできるイメージですがプレイの途中からすぐさま再開できるスイッチはそれ以上に快適と言えます。素晴らしい。ホント素晴らしい。

過去の名作が比較的プレイしやすい

ゲームの魅力の1つに過去の名作を遊ぶ事があげられます。その点スイッチはなかなか好環境であると言えます。

レトロゲームといってまず思い浮かぶのはファミコン・スーパーファミコンといった昭和任天堂ゲーム。スイッチでオンラインゲームをプレイする為には「ニンテンドースイッチオンライン」というサービスに加入する必要がありますがこれに加入すると毎月数本ずつ追加されるファミコン・スーパーファミコンのタイトルを追加料金なしでプレイする事ができます。いつでもセーブや、やられる直前に戻って再プレイといった便利機能も搭載されていて遊びやすいです。欲をいえばバーチャルコンソールのサービス開始を任天堂さんにはお願いしたいです。

セガのタイトルはセガエイジスというラインナップがありセガマークⅢやメガドライブ、アーケードタイトルが続々と移植されています。開発担当は移植の雄M2という事もあり品質は最高レベルといえます。どこでもセーブ等の便利機能も当然あり、さらにはエクストラモードといった付加要素もあったりでさらに楽しめるます(というかひかえめに言って最高ですM2さんありがとう)。

ネオジオタイトルは「アーケードアーカイブス」というランナップがあります。こちらも移植に関しては問題なくキングオブファイターズやサムライスピリッツといったSNKやデータイースト等の名作タイトルを遊ぶ事ができます。

任天堂作品がプレイできる

任天堂のコンソールなのであたりまえですが、ここも非常に重要です。

マリオ、ゼルダ、どうぶつの森、マリオカート、ファイアーエムブレム数え上げたらキリがないといえる任天堂の名作シリーズ群が遊べます。人によってはゼルダの伝説ブレスオブザワイルドが遊べるというだけでスイッチは買う価値があると言えるでしょう。

以上スイッチの素晴らしい点を紹介させていただきました。

このブログではゲームに関する情報を発信していきます。

記事内容は随時更新していきます。

コメント